デリシャスな本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 「蒼穹の昴」浅田 次郎

<<   作成日時 : 2008/04/01 21:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

蒼穹の昴〈上〉

読み応えのある本です。
つくづく浅田次郎って人はすごいなぁと感じました。

中国のってちょっと敬遠してるっていうか、ほとんど読まないんですけど、面白いって聞いて読んでみたいと思っていました。でも上下二段組で、しかも上下巻。もちろん漢字がいっぱい(大人の癖に)だって、だって中国のだと漢字が素直にまんま読めないんだもん。春児で「チュンル」とかさぁ老仏爺で「ラオフオイエ」とかさぁ。

でも意を決して読んだらすごかった。面白かった。
あーやっぱり歴史。ちゃんと勉強しておけばよかったな。なんか前にもそんなこと書いたな。
どの人物が本当に存在した人で、どの人物が浅田次郎が作り出した人かわからない。

西太后ってすごく悪いイメージだったのが、可愛い人じゃんってイメージ変わった。「ラストエンペラー」観たい。今すっごく観たい。と思いながら読みました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「蒼穹の昴」浅田 次郎 デリシャスな本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる