デリシャスな本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 「コフィン・ダンサー」ジェフリー ディーヴァー

<<   作成日時 : 2008/12/06 21:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

コフィン・ダンサー

リンカーン・ライムシリーズ。「ボーン・コレクター」に続く第2弾!

タイトルのコフィン・ダンサーは殺し屋のイレズミの図柄を表している。コフィンとは「棺」。棺桶の前で女性と踊る死神のイレズミなのです。
2日後に開かれる大陪審で証言する事になっている証人3人を消すために殺し屋が雇われた。一人が殺され、事件はリンカーン達の手に。

リンカーンは残った2人の証人を守るため、殺し屋の裏をかく。殺し屋もリンカーンの裏をかいて標的を狙う。騙し、騙され、裏を読み、さらにその裏を。

どんでんがえしもあって、「ぎゃあ!騙された!」とか「うえぇぇ!?やられたぁ!」とか心の中で叫びつつ、騙される快感がたまらないのです。
なかなか厚めの本で2段組。でも息をもつかせぬスピード感があります。「ボーン・コレクター」もそうでしたが、短時間(この「コフィン・ダンサー」では約2日間)にいろんな事件が起きるのです。。「ボーン・コレクター」なんて、そんなに次々に殺していろいろ細工もして、この犯人は体力あるねぇ、タフだねぇって、感心しちゃうほどです。

それにしても、リンカーンが守ろうとしている女性達、証人の一人パーシーと、部下のアメリアは、ちっともおとなしくしていない。
ハラハラして「いいからお前らそこでじっとしてろ!」って叫びたくなっちゃうのです(^_^;)
それにアメリアは車で暴走もしちゃう。結構小説の登場人物に感情移入しちゃうたちなので、ここ数日、車の運転が荒っぽくなっちゃっていけない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「コフィン・ダンサー」ジェフリー ディーヴァー デリシャスな本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる