デリシャスな本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 「十二番目の天使」オグ マンディーノ

<<   作成日時 : 2009/01/28 10:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

十二番目の天使

大会社の社長ジョン・ハーディングは、妻と息子とともに生まれ育った町に帰ってきます。
町では出世して故郷に帰ってきた一家を盛大に迎えますが、その直後妻と息子が自動車事故で亡くなってしまいます。生きる希望を失ったジョンに、親友がリトルリーグのチーム エンジェルスの監督を依頼してきます。

きっとこうなるんだろうなと予想すると、ちゃんとそのようになる、ある意味安心して読める物語でした。
最後はやっぱりと思いながら涙がとまらない。

教訓がいっぱいでしたね。
小さなティモシー・ノーブルに教えられる事がたくさんでした。
フミヤもティモシーをみならって欲しい。
「毎日、毎日、あらゆる面で、僕はどんどん良くなっている!」
「あきらめるな。絶対。絶対。あきらめるな。」

「...あなたの愛する人が、今どこにいるのかを忘れないで。あの人は、自分が今いる場所を、私たちの誰とも、絶対に交換したくはないはず。」


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「十二番目の天使」オグ マンディーノ デリシャスな本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる