デリシャスな本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 「短編復活」

<<   作成日時 : 2009/01/05 19:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

短編復活 (集英社文庫)

ネットサーフィン(もう既に死語か?)をしているときに見つけた本です。

見てくださいこのラインナップ!

回想電車(赤川次郎)、角筈にて(浅田次郎)、特別料理(綾辻行人)、蛍ぶくろ(伊集院静)、岩(北方謙三)、猫舐祭(椎名誠)、38階の黄泉の国(篠田節子)、プレーオフ(志水辰夫)、苦労判官大変記(清水義範)、梅試合(高橋克彦)、盛夏の毒(坂東眞砂子)、超たぬき理論(東野圭吾)、さよなら、キリハラさん(宮部みゆき)、キャンパスの掟(群ようこ)、いるか療法(山本文緒)、青の使者(唯川恵)

10代の頃から読んでいた赤川次郎に椎名誠。ここ数年読み漁っている浅田次郎に東野圭吾。なかなか手が出ないけれど、とっても気になる宮部みゆき、群ようこ。いつか読んでみたいと思っていた伊集院静、北方謙三。
ううぅ〜!!読みたい!読みたい!!とっても読みたい!!!でもお金がないのっ。なので、いつもの通り図書館にリクエストしました。そしたらお他所の図書館から借用してくれました。ありがたいことです。

短編って苦手だったんですが、最近は、「そうでもないかも?短編いけるかも?」と勘違いしてました。
でもやっぱり短編苦手〜!!

で、感想はと言うと。
ドロドロあり。グチャグチャあり。だけど面白い。でもノーミソぐるぐる。そんな感じ。←どんな感じだそりゃ。全然伝わらねー。
赤川次郎、浅田次郎、宮部みゆき、群ようこは、それぞれ納得の一品。
椎名誠は意外だった。椎名さんのはエッセイばっかり読んできたからかもしれない。
東野圭吾はあのエッセイ読んだからかな?東野さんらしいバカバカしさだなぁと。

それぞれ、おえぇぇっっとか、こわぁぁぁって思ったり、スカッとすっきりっていうのは少なかったけれど、楽しめたと言えば楽しめた。かなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「短編復活」 デリシャスな本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる