デリシャスな本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 「夏と花火と私の死体」乙一 幡地 英明

<<   作成日時 : 2009/09/29 23:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

夏と花火と私の死体 (ジャンプジェイブックス)

なんとも恐ろしげなタイトルと表紙です。
普段はあんまりホラーは読まないんですが、著者が乙一さんと聴いて読んでみたくなりました。

五月ちゃんと弥生ちゃんは、木の上で弥生ちゃんのお兄ちゃんである健くんが好きだと告白しあいます。
そこに健くんがやってきて、五月ちゃんが手を振った瞬間、弥生ちゃんが背中を押し、五月ちゃんは木から落ちて死んでしまいます。

死んでしまった五月ちゃんの一人称で書かれているこれまでに見ない手法にうならされます。

健くんと弥生ちゃんは、五月ちゃんの死体を隠すために策を練りますが、
おびえて健くんに頼っているだけの弥生ちゃん。
優等生づらをして嘘をつき、タフに五月ちゃんの死体を隠し続ける健くん。

背筋がゾクリとする1冊です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「夏と花火と私の死体」乙一 幡地 英明 デリシャスな本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる